メルカリが「電子チケット」や「QRコード」など電子データの出品を6月10日から禁止

「ダウンロードできない」「利用できなかった」トラブル発生で、出品すると削除対象に

フリーマーケットアプリ「メルカリ」を展開するメルカリは、「電子チケット」や「電子クーポン」「QRコード」などの電子データの出品を6月10日から禁止して削除対象にする、と6月3日に発表した。電子チケットの一部取引で「ダウンロードできない」や「利用できなかった」などのトラブルが認められたため。メルカリだけでなく、メルカリ内にショップを開設できるサービス「メルカリShops」でも出品を禁止する。

出品違反になる電子データは「電子チケット」「電子クーポン」「QRコード」の他に「カフェやコンビニ等のギフトコード」「SIM等の通信サービスやその他各種商品・サービス・機能を利用するためのコード類」「プロダクトコード」「ダウンロードコード」「電子コード」や事務局が不適切と判断したもの。該当する商品のURLやコードを電磁的手段で送付せず、印刷した物を送付する場合も違反になる。

ダウンロードコンテンツやデジタルコンテンツなどの電子データも違反になる。「公式ホームページ等から電子コード等の情報を入力してダウンロードするPCソフトやアプリケーション、ゲームソフト」「インターネット上からダウンロードする画像やイラスト、書籍、文書、音楽、映像等のデジタルコンテンツ」が該当する。ダウンロードするための電子コード等の情報も違反で、印刷した物を送付する場合も違反する。

一方、違反にならないケースは、「パッケージ版のPCソフトやゲームソフト本体」「アーケードゲーム等に使用できるトレーディングカード」「ゲームアイテムなどが取得できるシリアルコードが特典として含まれている雑誌やゲーム機本体、ゲームソフト本体」。メルカリは、違反に該当する商品を出品している利用者に対して、6月9日までに出品の取り下げを求めている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]