サントリーが法人向けの自動販売機サービスを拡張、企業が抱える経営課題に対応

「社長のおごり自販機」全国拡大、新たに「ボスマート」「DAKARA給水所」を導入

サントリーホールディングス傘下で清涼飲料事業のサントリー食品インターナショナルは、法人向けの自動販売機サービスを拡張する、と3月30日発表した。①コミュニケーションの活性化②職場環境充実③健康経営サポート--といった企業が抱える経営課題に対応。これまで首都圏エリアだけだったサービスを全国に拡大するとともに、新しいサービスを導入する。

①は、2021年10月から首都圏で展開している「社長のおごり自販機」を5月に全国に広げる。社員2人がそろって自販機の対象部分に2枚の社員証を同時にタッチすると、それぞれ1本ずつ飲み物が無料で受け取れる仕組み。社員証を導入していない法人向けに「社長のおごり専用カード」を新たに用意した。これを従業員に配布すると自販機が利用できるようになる。

②は、「ボスマート」と名付けた新サービスの軽食販売自販機。「近くに売店がない」「隙間時間に小腹を満たしたい」という要望に応える。自販機の横の棚にパン、カップ麺、スナック菓子、栄養補助食品などを並べ、自販機をセルフレジとして活用。自販機にはこれらの軽食が表示され、棚から好みの商品を取って自販機で支払う。8000台が先行利用されている。

新サービス「ボスマート(軽食販売自販機)」

③は、新サービスの熱中症対策自販機「DAKARA給水所」。工場など高温作業所で重要な熱中症対策に役立つ。自販機の対象部分に1枚の専用カードをタッチすると、冷えた飲み物が1本無料で受け取れる。専用カードによる飲料提供では、併せて「来客用自販機」サービスも展開。来客者に専用カードを渡すことで飲料が手軽に提供でき、ホテルなどでも活用が可能。

新サービス「DAKARA給水所(熱中症対策自販機)」
新サービス「来客用自販機」
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

エスノグラフィックリサーチ
民族誌学的アプローチによる調査のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]