代表電話への対応「そのために社員が交代制で出社」という企業、28.8%で実は最多【リンク調べ】

E-mailやWeb会議の活用も広がり、“フル在宅勤務”を希望する人が約3割に達する。

リンクは、在宅勤務と電話対応業務に関する意識調査の結果を発表した。在宅勤務を経験したことのある全国の会社員(正社員)400人が回答している。

理想的な在宅勤務は「週に5日以上」が28.5%

まず「現在、週に何日在宅勤務をしているか」(過去に経験していた場合は、一番長期間経験していた時期)を聞くと、「週に5日以上(フルで在宅勤務)」が最多の22.8%で、「週2日在宅勤務」21.8%がそれに続いた。毎日~週1回に範囲を広げると、77.0%がこれに該当した。

現在、週に何日在宅勤務をしていますか(シフトなどで複数パターンかある場合は過去半年の平均。過去に経験していた場合は、一番長期間経験していた時期)(単一回答)

「理想的な在宅勤務日数」について聞くと、「週に5日以上(フルで在宅勤務)」28.5%、「週3日在宅勤務」25.5%、「週2日在宅勤務」19.3%が上位だった。毎日~週1回に範囲を広げると89.5%で、多くの人が在宅勤務の継続または増加を希望していると思われる。

あなたにとって理想的な「在宅勤務日数」は週に何日ですか(単一回答)

なお「2022年以降も、勤め先で在宅勤務が推奨されるか」を聞くと、「推奨される予定」は64.0%で、流動的な会社も一定数ある。

お勤め先では、2022年以降、在宅勤務(日数などは不問)は推奨される予定ですか(単一回答)

E-mailやWeb会議の活用が広がる一方、固定電話に引きずられる習慣も残る

次に、「業務における社内外の連絡ツール」に関して聞くと、「E-mail」が「社内の連絡」80.3%、「社外の連絡」76.8%でともにトップ。僅差で「携帯電話(スマホ含む)」が「社内の連絡」74.5%、「社外の連絡」74.3%で続く。社内の連絡だけを見ると、「Web会議」74.3%もほぼこれらに並び、すでにWebツールがコミュニケーションツールとして定着したことがうかがえる。LINE・Slack・Teamsなどの「チャット」は50.0%でやや下がるのが実状だ。

業務に関わるコミュニケーションにおいて、社内外との連絡にはどのようなツールを利用していますか(複数回答)

しかし「コロナ禍において、お勤め先の固定電話(会社や部門・グループの代表電話)対応のために出社したことはありますか」と聞くと、76.5%が「ない」としたが、「1回出社」4.5%、「2回以上出社」13.3%という人が存在した。

コロナ禍において、お勤め先の固定電話(会社や部門・グループの代表電話)対応のために出社したことはありますか(他の用事が同時にあった場合でも、電話対応が目的に含まれる場合は「ある」として回答)(単一回答)

さらに「今後の在宅勤務時の固定電話対応」について聞くと、「社員が交代制で出社し対応」28.8%が「在宅勤務中の社員の携帯電話・スマホに転送」27.5%をわずかに上回り最多となっている。よりスマートな在宅勤務環境が整いつつある一方、まだまだ固定電話の習慣に縛られている側面があるようだ。

在宅勤務時の固定電話(会社や部門・グループの代表電話)対応について、今後どうする予定ですか(複数回答)

調査概要

  • 【調査対象】全国の会社員(正社員)
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査時期】2021年12月2日~3日
  • 【有効回答数】400
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]