大正製薬が駅構内にIoT自販機を設置して一般医薬品を販売する実証を5月下旬に開始

ブイシンク・JR東日本クロスステーションとともに新宿駅内で「パブロン」など販売

大正製薬は、駅構内のドラッグストア近くにIoT(モノのインターネット)化した自動販売機を設置し、処方箋なしで購入できる一般医薬品(OTC)を販売する実証を5月下旬に始める、と3月29日発表した。IoT自動販売システムを手掛けるブイシンク、JR東日本の子会社で駅構内などで小売業を展開するJR東日本クロスステーション(JR-Cross)とともに、3カ月実施する。

実証は、JR新宿駅の南改札内でJR-Crossが運営する店舗「Eki RESQ新宿南口店」付近でブイシンクのIoT販売機を使って行い、大正製薬の第2類、第3類医薬品と医薬部外品を取り扱う。風邪薬「パブロン」シリーズ、解熱鎮痛薬「ナロン」シリーズ、鼻炎治療薬「クラリチン」など約30品目で、症状に応じてこれらの商品が購入できる。販売は店舗の営業時間内のみ。

利用は、①販売機のタッチパネルで実証参加に同意②商品か症状から購入医薬品を選択③商品の効能、用法・用量と注意事項を確認④店舗の薬剤師か登録販売者が内容を確認して販売を許可⑤利用者が販売機で交通系ICカードを使って決済して商品を取り出す--流れ。大正製薬は今後、一般用医薬品が購入できなかった場所や時間で可能にする方法の実現を目指す。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]