JR東日本などがゲーム「ステーションファーム~駅に訪れて村を育てよう~」公開・実証

スマートフォン向け、ゲーミフィケーションでの鉄道移動や買い物体験の価値向上を検証

JR東日本、同社子会社で駅の構内などで小売業を展開するJR東日本クロスステーション、ゲーミフィケーション(ゲームの要素をゲーム以外に応用する仕組み)事業のセガ エックスディーは、スマートフォン向けゲーム「ステーションファーム~駅に訪れて村を育てよう~」を10月18日に公開し、実証実験を始めた、と同日発表した。鉄道移動や買い物体験の価値向上を調べる。

プレーヤーが自らの独自空間を作る箱庭シミュレーションゲーム。鉄道での移動や買い物をすることで、自分だけの村にカスタマイズできる内容となる。鉄道の世界にゲームの要素を取り入れ、ユーザーのゲーム継続性や行動変化について検証することを目的にする。コミュニケーションアプリ「LINE」の「JR東日本 Chat Bot」から無料で楽しめる。公開は2023年1月17日まで。

プレイ方法

JR東日本の各駅や、JR東日本クロスステーションが運営するコンビニエンスストア「NewDays(ニューデイズ)」でチェックインしたり、NewDaysで買い物した際のレシート記載番号を入力したりすると、ゲームで村をカスタマイズするための限定チケットが手に入る。セガ エックスディーのCRM(顧客関係管理)向けゲーミフィケーションサービス「GameBox」を活用して開発した。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]