「Googleマップ」がJR東日本と京成電鉄の予約・購入ページへのチケットリンク機能搭載

JR東日本と京成電鉄の列車のリアルタイム運行情報データの確認もGoogleマップで可能に

Googleは、地図情報サービス「Googleマップ」で経路を検索した際、JR東日本と京成電鉄の列車予約・チケット購入ページに直接アクセスが可能なチケットリンク機能を搭載した、と3月29日発表した。併せて、両鉄道事業者から列車のリアルタイム運行情報データが提供され、Googleマップで直接確認できるようになった。

Googleマップで行き先を入力して最適なルートを検索し、電車移動を決めたら数回のタップでチケットが予約可能になる。選択した電車のルート上にリンクが表示され、チケット予約ベージを直接開くことができる。予約ページにはGoogleマップで検索したルートが自動入力され、検索ボックスに改めて入力する必要がない。

JR東日本の場合は、JR東日本のエリアで完結したルートを検索した際、同社のインターネット指定券予約サービス「えきねっと」へのリンクが示される。リアルタイム運行情報は、Googleマップで電車のルートを検索すると、両鉄度事業者のリアルタイムの到着・出発時刻が表示されるうえ、電車の位置や遅延情報が分かる。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]