マツモトキヨシがスクエア型の新ロゴ、「マ」を用いて店頭、アプリ、SNSで視認性高く

マツキヨココカラ&カンパニー、黄と黒の配色に斜め上に鋭く伸びる「マ」で動的な印象に

ドラッグストアと調剤薬局を展開するマツキヨココカラ&カンパニーは、「マツモトキヨシ」ブランドの新しいスクエアタイプのロゴを3月10日に発表した。マツモトキヨシの「マ」を象徴的に用いて、動的で先進的な印象を強調した。パッと見てマツモトキヨシだと認識できるよう、従来からなじみのある黄色と黒の配色を採用した。

マツキヨココカラ&カンパニーは、マツモトキヨシホールディングスとココカラファインが経営統合して2021年10月に発足。新ロゴは、店頭やスマホアプリ、SNSでも視認性が高く、カタカナが読めない外国人でも通用するユニバーサルデザインを目指した。斜め上に鋭く伸びる「マ」の文字の形状が未来志向の“マツモトキヨシらしさ”を表す。

新ロゴ発表を記念して、品質やデザイン、斬新さを利かせたグループの主力プライベートブランド「matsukiyo」シリーズで「デザイントイレットロール」に、新ロゴの「マ」をあしらった限定デザインを全国のマツモトキヨシの店舗で4月11日から販売する。パッケージの一部に環境にやさしいバイオマス由来原料を使用している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]