上場企業のホームページ充実度、上位企業476社が発表。コロナ禍を背景に「動画活用」拡大【日興アイ・アール調べ】

「分かりやすさ」「使いやすさ」「情報の多さ」の3つの視点から、全3,888社のホームページを評価。

日興アイ・アールは、「2021年度 全上場企業ホームページ充実度ランキング」の表彰企業を発表した。2003年度に開始し、今年度で19回目。

今回の調査では、全上場企業3,888社のホームページについて、「分かりやすさ」「使いやすさ」「情報の多さ」の3つの視点(50項目)で1次評価を行い、さらにその上位企業1,113社に2次評価(162項目)を行いランキング化している。

・関連記事

引き続き「動画活用」と「ESG関連」が拡大

その結果、総合上位企業476社、業種別の上位企業5社、新興市場別の上位企業87社が、表彰対象に選定された。

各業種別の最優秀サイトは以下のとおり。「日本水産」(水産・農林業)、「キリンホールディングス」(食料品)、「荏原製作所」(機械)、「コニカミノルタ」(電気機器)、「オリンパス」(精密機器)、「ソフトバンク」(情報・通信業)、「ベネッセホールディングス」(サービス業)などの企業ホームページが評価された。

分かりやすさの項目では、「決算説明会の動画配信」が掲載率31.6%(前年比5.7ポイント増)、「株主総会の動画配信」が掲載率10.9%(同3.8ポイント増)と、コロナ禍を背景に引き続き上昇している。使いやすさの項目では、「SSL化によるセキュリティ対応」が対応率87.2%(同8.7ポイント増)、「スマホ向けサイト」が対応率80.6%(同8.3ポイント増)「日本語版サイトのレスポンシブウェブデザイン対応」が対応率73.2%(同4.1ポイント増)だった。情報の多さの項目では、ESG関連情報の「CSR・環境対応ページ・コンテンツ」が掲載率65.3%(同3.2ポイント増)、「ガバナンス報告書」が掲載率64.2%(同3.5ポイント増)と拡大した。

分かりやすさ・使いやすさ・情報の多さすべてにおいて、時価総額の高い企業ほどサイトが充実していたが、特に「情報の多さ」での差が大きくなっているという。

掲載情報の変遷
特定カテゴリの設置状況の変遷

調査概要

  • 【調査対象】対象企業のコーポレートサイト(商用サイトを除く)
  • 【調査方法】「分かりやすさ」「使いやすさ」「情報の多さ」の3つの視点ごとに選定した評価項目(1次評価:50項目、2次評価:1次評価項目を含む162項目)で評価
  • 【調査期間】2021年6月~2021年9月
  • 【対象数】1次評価:全上場企業3,888社、2次評価:1次評価上位企業を対象に1,113社。2次評価対象企業より下記企業を表彰。
    • 総合表彰:最優秀/優秀/優良企業
    • 業種別表彰:最優秀/優秀企業
    • 新興市場別表彰:最優秀/優秀/優良企業
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

サテライトサイト
衛星サイト。主にメインとなるサイトへのリンクを増やすために自分で作るサブサイトの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]