Twitterが「サイト訪問数最適化」「集約測定」「イベントマネージャー」の3つの新機能

「iOS」でオプトアウトを含めたサイト指標とコンバージョンイベント統計データを提供

Twitter Japanは、「Twitter」で広告主サイトへのトラフィック誘導を目的にした広告のパフォーマンスを向上させる「サイト訪問数最適化」「集約測定」「イベントマネージャー」の3つの新機能を導入する、と1月27日に発表した。2021年に導入した広告効果の測定や最適化ソリューションをさらに強化する。

サイト訪問数最適化は、広告主サイトを訪問する可能性が最も高いオーディエンスの特定と、そのオーディエンスへの広告表示に特化した新たなプロダクト。「Twitterウェブサイトタグ」を有効にして広告主サイトで実行するアクションを追跡して「Twitter広告」に関連付ける。テストではサイト訪問にかかるコストが平均31%削減された。

集約測定は、「Twitter広告マネージャー」をアップデートして、「iPhone」など「iOS」デバイスでトラッキングをオプトアウト(適用除外)したオーディエンスも個人を特定しない集団でコンバージョンイベントの統計データを表示。Twitter広告マネージャーを利用したTwitter広告からのサイト訪問コンバージョンは、全体で平均31%向上した。

イベントマネージャーは、Twitterウェブサイトタグと関連するウェブベースのコンバージョンイベントを一元管理する画面になる。Twitterウェブサイトタグの設置方法やコンバージョンイベントの設定方法の分かりやすいガイダンスとインターフェースになり、コンバージョンイベントのリアルタイムな取得状況がわかるダッシュボード機能がある。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]