電通デジタルがTwitterと構築したData Clean Room「Twitter Data Hub Omusubi」を提供

Twitterで国内初のData Clean Room、オフラインデータと連携してTwitter広告効果を計測
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング事業の電通デジタルと電通は、Twitter Japanと共同で構築した次世代型データ統合基盤でData Clean Roomの「Twitter Data Hub Omusubi」の提供を始めた、と10月28日に発表した。Twitterの広告配信データと、クライアント企業がもつ1stPartyデータや電通グループが保有・連携する2ndPartyデータを集計・分析し、プライバシー保護と企業の高度なマーケティングニーズを両立することができる。

Twitter Data Hub Omusubiの概要

Twitterから提供されるインプレッション(視認数)データやエンゲージメント(つながり)データと、購買データなどの外部データとを機密性を保持したセキュアな連携ができる。テレビ視聴データや位置情報データ、購買データなどのオフラインデータと連携させた分析で購買行動などのKPI(重要業績評価指標)を計測でき、マーケティング施策を最適化するPDCA(計画・実行・評価・改善)を回すことができる。

広告のオフライン行動への影響を評価し、購入ツイートを基にツイート解析ツールで評価

Data Clean Roomはプラットフォーマーの提供するデータと、企業の1stPartyデータや電通グループが保有・連携するデータとの統合をプライバシー保全環境で実行できる。電通デジタルと電通はTwitter公認の開発オフィシャルパートナーとして、TwitterにおけるData Clean Roomを国内で初めて構築した。ユーザーの同意許諾を得て、Web閲覧履歴を記録するCookieを使わずにID単位でデータ連携でき、Cookieフリー時代に対応した。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス解析
関連語 の「アクセスカウンタ」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]