電通デジタルの計測基盤「X-Stack Connect」が「Yahoo!広告 ディスプレイ広告」と連携

Cookieに依存せず「Meta」「Google」「X」「TikTok」「LINEヤフー」の5つで計測可能に

デジタルマーケティング事業の電通デジタルは、Cookieに依存しないデジタル広告計測基盤「X-Stack Connect(クロススタック・コネクト)」でLINEヤフーが提供する「Yahoo!広告 ディスプレイ広告 Conversion API」への連携を始めた、と3月18日に発表した。対応済みの「Meta」「Google」「X」「TikTok」に「LINEヤフー」が加わり、全5つのプラットフォームでCookieに依存しない広告計測が可能になった。

「X-Stack Connect」とプラットフォーム連携の相関図

X-Stack Connectは、サーバーへのアクセスログや、ユーザーから許諾を得て活用する個人を識別する一連のデータ「PII」の収集・整形を型化し、汎用的に各プラットフォーマーへの接続を行うことで持続可能性の高いコンバージョン計測を実現する。広告主企業が保有するクラウド環境下で基板を構築することを原則にしており、企業が取得した個人情報などのデータをセキュアな環境で利活用できる。

新たに対応した「Yahoo!広告 ディスプレイ広告 Conversion API」における先行事例として、PIIを活用することで従来のWebコンバージョンタグに比べ補足できるコンバージョン数が33%改善する結果が得られた。「LINE Conversion API」においても19%のコンバージョン数の改善を実現する成果が得られた。このデータは、Yahoo!ディスプレイ広告サーバーログにおける集計結果とLINE広告管理画面による集計結果を参照した。

「Yahoo!広告 ディスプレイ広告」と「LINE広告」のコンバージョン数比較

世界的なプライバシー保護の潮流で、デジタル広告の計測を支えてきたCookieの利用に制限がかかり、2024年はGoogleのブラウザ「Chrome」で「3rd Party Cookie」廃止が予定されている。電通デジタルは、Cookieに依存しない「Cookieフリー時代」に向けてユーザーのWebウェブサイト上の正しい行動計測と、それに基づくマーケティング施策の最適化維持を可能にする計測基盤のX-Stack Connectを2021年から提供している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

エスノグラフィックリサーチ
民族誌学的アプローチによる調査のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]