Amazonが相模原市に2拠点目の物流拠点、国内最大規模「Amazon Robotics」導入

4月に稼働、東京ドーム3個分の規模、さまざまな職種で数千の働く機会を地元に創出

Amazonは、相模原市に物流拠点のフルフィルメントセンター(FC)を新設して4月に稼働を開始する、と3月18日に発表した。延べ床面積は約15万平方メートルで東京ドーム約3個分、商品保管容量は約150万立方フィート(約4万2500立方メートル)。ロボットが商品棚を持ち上げて移動する「Amazon Robotics(アマゾンロボティクス)」を導入する国内最大規模のFCで、相模原市で2拠点目、神奈川県では5拠点目となる。

相模原市にできるAmazonの物流拠点

新FCは1日最大65万個以上の商品を出荷する。ロボットの「Drive(ドライブ)」が専用の商品棚「Pod(ポッド)」を移動して業務をサポートするが、新FCは約3000台のドライブと約3万5000台のポッドを備える。格納スペースの節約にもなり、固定された商品棚よりも最大約40%多くの在庫を保管して品ぞろえを増やせる。紙袋自動梱包機を導入して段ボールの箱から紙袋で配送する商品を増やし、梱包の簡素化を進める。

2022年にAmazonの日本への直接投資額は1.2兆円超となり、10年から22年までの期間の総投資額6兆円超の約20%に相当する。相模原市に新設するFCへの投資も神奈川県や日本への長期的な貢献姿勢を示す。エリアマネージャーや職場の安全・衛生管理者、商品の品質管理者、設備の保全管理者、テクノロジーを使って商品のピッキング・梱包・出荷作業を担うポジションなどさまざまな職種で数千人の働く機会を創出する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

nonofo
「No nofollow」、すなわち「rel="nofollow"ではないリンク ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]