アドビが統合オムニチャネルジャーニーオーケストレーションツール「Adobe Journey Optimizer」提供

リアルタイムのインサイト活用のパーソナライゼーションが可能、CDPと顧客エンゲージメント機能統合
よろしければこちらもご覧ください

米国Adobeの日本法人、アドビは、次世代の統合オムニチャネルジャーニーオーケストレーションツール「Adobe Journey Optimizer」の提供を国内で始める、と5月24日発表した。リアルタイムのインサイトを活用してパーソナライゼーションを可能にする。次世代CDP(カスタマーデータプラットフォーム)「Adobe Experience Platform」と、配信を管理する顧客エンゲージメント機能を統合した。

AI(人工知能)と機械学習が最適なコミュニケーションのタイミングを予測し、顧客のプロファイルのコンテキストを補完。リアルタイムの顧客のインサイトを利用して大量配信やリアルタイムの1対1のコミュニケーションの統合管理を実現する。顧客プロファイルをチャネルごとに異なるツールで管理することに伴う手間や時間がかかる課題に対応。顧客とのコミュニケーションの統一性を維持する。

1つのアプリケーションでインバウンド(コンテンツを作成してブログ、SNS、検索エンジンなどを通して顧客を獲得する手法)の情報と、アウトバウンド(メールなどを使用して見込み顧客にアプローチする手法)のエンゲージメントを統合。オーディエンスをセグメント化し、メッセージをデザイン・パーソナライズすることで、カスタマージャーニーの編成が最初から最後まで一貫して可能になる。

Adobe Journey Optimizerにはこのほか、常時更新される単一の顧客プロファイルにさまざまなデータを統合、顧客行動を予測してパーソナライズされたエクスペリエンス実現▽AI・機械学習での顧客データ分析による各顧客に適したオーダーメードの顧客体験の自動化▽搭載する「Adobe Experience Manager Assets Essentials」を使ったデジタルアセットの保存・配布--といった特長がある。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]