セプテーニがデジタル広告の運用を社内で行う企業を対象に広告効果計測サポートを開始

広告計測タグ・計測SDKや「Google Analytics」(無償版)に関連するサポートなどを提供

デジタルマーケティング支援事業のセプテーニは、デジタル広告の運用を社内(インハウス)で実施している企業を対象に、広告効果計測サポートを始める、と2月10日発表した。同社の広告技術部門の担当者が、広告計測タグ、計測SDK(ソフト開発キット)、Googleのアクセス解析サービス「Google Analytics」(無償版)に関連するサポートなどを提供する。

デジタル広告の運用では、配信プラットフォームの増加や技術の進化に伴い、タグの実装や設定など広告効果計測に関する新しい情報への理解が求められることから、広告効果計測サポートを展開する。広告計測タグ関連はタグの設定と管理サポートや設定内容の第三者指摘、計測SDK関連では推奨設定の提案やSDK設定方法に関する各種手順資料の提供などを行う。

Google Analytics(無償版)については初期導入・設定サポート、設定診断、設定内容の改修、リポート作成・分析などを提供する。広告効果計測サポートではこれらのサポートに加え、トレーニングも手掛ける。計測トレンドの変遷に関する学習会を開いたり、タグマネージャー、Google Analytics(無償版)、計測SDKの操作方法のトレーニングを提供したりする。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]