SupershipとKDDIがストアマーケティング特化の「One Data Marketing Platform」を提供

施設や店舗のオフラインとオンラインのデータで販促活動を支援するOMOソリューション
よろしければこちらもご覧ください

KDDIグループでデジタル広告・データコンサルティング事業のSupershipとKDDIは、オフラインとオンラインのデータを融合して広告配信や顧客分析、来店効果検証をワンストップで提供する「One Data Marketing Platform」を12月23日から提供する、と同日発表した。商圏ターゲティング広告の配信や来店効果の計測、SNSでのクーポン配信など商業施設への効率的集客と販促活動ができる。

「One Data Marketing Platform」の提供イメージ

 

ストアマーケティングに特化したOMO(オンラインとオフラインの併合)ソリューションで、施設や店舗のオフラインデータと広告主が持つオンラインデータに、SupershipとKDDIが提供するキャリアデータなど高精度な属性データを加える。施設利用者の属性や広告効果、IoTセンサーを活用して階数をまたいだ移動を含む動線や移動速度、滞在時間など施設や店舗内の利用者の行動を高い精度で可視化できる。

集客を目的とした販促・広告などのマーケティング活動では、顧客分析や広告配信、効果計測をオフラインとオンラインのデータを横断して一気通貫で行う。集客したい商圏を対象にしたオンライン広告の来店成果を検証したり、一度訪れた利用者に向けた広告配信でリピーター化を促す施策の効果を検証したりできる。沿線駅のデジタルサイネージなど交通広告の価値向上を目的に広告代理店の小田急エージェンシーが先行導入している。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]