CCCマーケティングがまちづくりでの「Tポイント」データ利用プロジェクトを金沢大と開始

地域の交通計画・防災対策・観光政策への活用が目的、属性・移動・購買などの情報を使用
よろしければこちらもご覧ください

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループでマーケティングソリューション事業のCCCマーケティングは、同社が展開するポイントプログラム「Tポイント」のデータを地域のためのまちづくりに利用する共同研究プロジェクトを金沢大学と始めた、と11月6日発表した。地域の交通計画、防災対策、観光政策への活用を目的にする。

プロジェクトは、同大学理工研究域地球社会基盤学系の藤生慎准教授の研究室(交通・防災まちづくり研究室)と進める。同研究室は土木工学を基にビッグデータ、情報学、医学、統計学、AI(人工知能)などの知識を生かして異分野融合の研究を実施。CCCマーケティングが持つTポイント会員(T会員)の属性、移動、購買などの情報を使用する。

Tポイントのデータは地域都市の人の移動実態がリアルタイムに捉えられることが特長。プロジェクトの一環で、9月に金沢市と周辺のT会員を対象に新型コロナウイルス流行に伴う動態変化の調査分析を行い、データの有効性を実証した。CCCマーケティングは、Tポイントのデータを自治体や地元企業の施策立案に役立てる取り組みを推進する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フジツボ式SEO
主にローカルSEO(地域限定ビジネス向けのSEO)において、顧客にとって印象的だ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]