電通が量子コンピュータソフト開発のAQと業務提携契約、テレビ広告プランニングが目的

量子コンピュータでテレビ広告枠の最適化と運用高速化へ、ソフト開発をAQと共同で実施
よろしければこちらもご覧ください

電通は、量子コンピュータソフト開発のエー・スター・クォンタム(AQ)と業務提携契約を結んだ、と11月2日発表した。量子コンピュータを活用したテレビ広告プランニングが目的。テレビ広告枠の最適化と運用の高速化を図り、新しいマーケティングソリューションの開発・実装を目指す。電通の持ち株会社、電通グループはAQと資本提携している。

量子コンピュータは従来のコンピュータとは異なる次世代の計算機で、強力な計算能力を持つ。電通はテレビ広告の価値向上に向け、さまざまなマーケティングデータから広告枠を最適に運用する仕組みを開発してきたが、従来の計算プログラムでは無数のキャンペーン広告枠のパターンから最適な組み合わせを探すため、膨大な時間がかかっていた。

電通は業務提携によって、テレビ広告枠の組み合わせを最適化する量子コンピュータを使用したソフトの開発をAQと共同で実施する。複数キャンペーンの広告枠の膨大な組み合わせパターンから、より効率的なパターンを高速で導き出せるようにすることで、時間の大幅な圧縮を可能にする。テレビ広告枠運用以外のソリューションの開発も進める。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]