海外マーケティング施策を立案する「ソーシャルリスニングサービス」をグラムが開始

「Asking型」の調査手法を組み合わせ、英語、中国語、タイ語、インドネシア語に対応
よろしければこちらもご覧ください

マーケティング事業を展開するクロス・マーケティンググループの関連会社で海外リサーチ事業のgr.a.m(グラム)は、「ソーシャルリスニングサービス」を8月から始めた、と9月28日に発表した。グローバルマーケティングリサーチで長年培った「Asking型」の調査手法で英語、中国語、タイ語、インドネシア語に対応する。その他の言語も相談可能。

 

SNSや口コミサイトから消費者の生の声を収集、分析する通常のソーシャルリスニングは消費者の本音に迫りやすい利点があるが、すべては投稿されていないため情報に欠落が生じる。このためアンケートやインタビューなど能動的に質問を投げかけるAsking型の調査手法を組み合わせ、消費者の行動や考えのプロセスをより鮮明に可視化する。

 

国ごとの文化や背景を理解したキーワード設定でデータを取得し、正しいアプローチで解釈して「KPI(重要業績指標)分析」「ペルソナ分析」「カスタマージャーニー分析」を提供する。KPIモニタリングで日々の状態をチェックし、消費者の不満や不足、行動をプロセスごとに可視化して、次のマーケティング施策立案に不可欠な情報を提供する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]