JAA・JAAA・JIAAが「デジタル広告の課題解決に向けた共同宣言」を発表

監査・認証機関の設立などの具体策を検討、健全な広告環境実現で3団体が協力
よろしければこちらもご覧ください

広告に携わる三つの業界団体が「デジタル広告の課題解決に向けた共同宣言」を2月27日に発表した。日本アドバタイザーズ協会(JAA)と日本広告業協会(JAAA)、日本インタラクティブ広告協会(JIAA)の3団体で、デジタル広告の品質問題の解決のため監査・認証機関の設立検討など具体的な活動を推進する。

JIAAのサイトより編集部が画面キャプチャ

共同宣言ではまず「アドフラウド、ブランドセーフティ、ビューアビリティなど、デジタル広告の品質や標準化における課題、いわゆるアドベリフィケーションに関する問題が頻出」と危機感を表明。広告数値を不正に水増しするアドフラウドなどの広告価値毀損(きそん)で3団体は定期的に会合を開いて協議してきた、とした。

その上で、「アドフラウドへの断固たる対応」などの8原則をまとめて2019年11月26日にJAAが発表した「デジタル広告の課題に対するアドバタイザー宣言」を契機に、3団体は具体策として(1)監査・認証機関設立の検討(2)各ステークホルダーへの注意喚起(3)情報の共有と開示による抑制--などの対策を講じる。健全な広告環境のため「協力して活動を推進してまいります」と結んでいる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

WOMMA
米国クチコミマーケティング協会。2004年に設立された米国のクチコミマーケティン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]