マーケティング支援ソフト「Marketing Hub」最上位プラン「Enterprise」に新機能追加

HubSpot Japan、アトリビューションレポートの可視化やAIに基づいた適応型テストなど
よろしければこちらもご覧ください

マーケティング・営業・顧客サービス向けの統合ソフトを展開する米国HubSpot(ハブスポット)の日本法人、HubSpot Japanは、マーケティング支援ソフト「Marketing Hub」の最上位プラン「Marketing Hub Enterprise」に新機能を加えた、と1月10日発表した。アトリビューション(間接効果)レポートの可視化などとなる。

アトリビューションレポートの可視化によって、どのリード(見込み客)獲得チャネル、顧客とのタッチポイント(接点)、コンテンツが自社の収益に寄与したか一目で分かる。事前に用意された6つのアトリビューションモデルから自社に合ったものを選び、容易にレポートを作成。将来のマーケッティング投資計画に役立つ。

マルチタッチ収益アトリビューションレポート

新機能はこのほか、AI(人工知能)に基づいた適応型テストなどがある。同テストは、同社のマーケティング統合管理ソフト「HubSpot」で作成するウェブページやランディングページ1つあたり最大5つのバリエーションを作り、AIの判断で最もパフォーマンスがいいバリエーションが選べる。ページが効率的に最適化できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]