ECサイトの画像検索・商品レコメンド・自動タグ付け実現のAI「syte」を日本で本格販売

ギャプライズ、パートナー契約を結んでいるイスラエルの画像認識AI技術企業のsyteが提供

デジタルマーケティング事業のギャプライズは、同社がパートナー契約を結んでいるイスラエルの画像認識AI(人工知能)技術企業、syteが提供する高精度画像認識AI「syte」の日本での本格販売を1月に始める、と1月10日発表した。ECサイトの画像検索、商品レコメンド、自動タグ付けを実現する。これまで部分的販売だった。

画像検索では顧客の写真や画像を使用して高精度の検索結果を提供。商品レコメンドは、色や形など類似商品をAIで選出して自動で検索表示する機能と、検索表示した商品に関連するコーディネート商品を自動的に選出する機能がある。自動タグ付けは色、ジャンル、素材など詳細情報のタグ付けが画像認識AIで自動化できる。

商品数が多いECサイトと特に相性が良いといい、世界的なファッションECサイト「Farfetch」やアパレルの「Tommy Hilfiger」が導入している。ギャプライズは2019年6月にsyte(会社)とパートナー契約を結び、今回本格的に日本で展開することにした。syteは2015年創業。資金調達の累積額は3000万ドル(約33億円)に達する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]