タクシー配車アプリ「MOV」に「KARTE for App」が導入、さらに最適化した配車アプリへ

プレイドのKARTE for Appであれば、一括して施策アクションの最適化と効果分析が可能

リアルタイム解析のプレイドは、同社のネイティブアプリ向け・CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE for App」をディー・エヌ・エーの次世代タクシー配車アプリ「MOV」が導入した、と8月2日発表した。

MOVでは複数のデータソースやツールを活用してユーザーへのコミュニケーション施策の設計から実行し、効果分析を行っていた。一連のサイクルの効率化に課題があり、多くのプラットフォームやツールと連携可能なKARTE for Appであれば、一括して施策アクションの最適化と効果分析ができ、さらに施策実行までの高速化も期待できることから導入することにした。

MOVでは、ビギナーやヘビーユーザーなどフェーズに応じたアプリ活用の課題を抽出し最適な施策を展開、スピーディに効果測定までできる仕組みをKARTE for Appで構築していく。まずはビギナーへのフォローとして使い方のレクチャー提示や訴求メッセージのABテストによる効果検証とその最適化などに活用していくという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ブランドセーフティ
広告出稿が原因で企業や製品のブランドイメージを毀損するリスクと、そのリスクにどう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]