タクシー配車アプリ「MOV」に「KARTE for App」が導入、さらに最適化した配車アプリへ

プレイドのKARTE for Appであれば、一括して施策アクションの最適化と効果分析が可能
よろしければこちらもご覧ください

リアルタイム解析のプレイドは、同社のネイティブアプリ向け・CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE for App」をディー・エヌ・エーの次世代タクシー配車アプリ「MOV」が導入した、と8月2日発表した。

MOVでは複数のデータソースやツールを活用してユーザーへのコミュニケーション施策の設計から実行し、効果分析を行っていた。一連のサイクルの効率化に課題があり、多くのプラットフォームやツールと連携可能なKARTE for Appであれば、一括して施策アクションの最適化と効果分析ができ、さらに施策実行までの高速化も期待できることから導入することにした。

MOVでは、ビギナーやヘビーユーザーなどフェーズに応じたアプリ活用の課題を抽出し最適な施策を展開、スピーディに効果測定までできる仕組みをKARTE for Appで構築していく。まずはビギナーへのフォローとして使い方のレクチャー提示や訴求メッセージのABテストによる効果検証とその最適化などに活用していくという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]