「Salesforce」から「LINE」での1対1のメッセージを配信する「OMLINE-O」の提供開始

テラスカイ、LINE活用のマーケティングやカスタマーサービスをSalesforceで一元管理
よろしければこちらもご覧ください

クラウドソリューション事業のテラスカイは、CRM(顧客管理)ソリューション事業のセールスフォース・ドットコムが展開するクラウド型CRM「Salesforce」から「LINE」での1対1のメッセージを配信するマーケティングソリューション「OMLINE-O(オムリンオー)」の提供を8月1日に始める、と7月11日発表した。

Salesforceと、LINEの法人向けサービス「LINE公式アカウント」を連携する。LINEでのメッセージ配信からユーザーの管理まで、LINEを活用したマーケティング、カスタマーサービスがSalesforceで一元管理できる。LINEのメッセージをSalesforceの顧客情報を基に送信することで、高い効果が見込まれるという。

 

 

 

LINEの即時性と開封率の高さを生かしながら、Salesforce上の購入履歴や属性に基づいたキャンペーンの告知や店舗来訪を促すクーポン配信などが可能。新商品の案内や製品情報の周知に活用でき、継続的なコミュニケーションでブランディング手段にもなる。料金はメッセージ数によって月額3万~50万円(税別)。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]