電通がIDデータ検証・照合の米LiveRampの日本法人LiveRamp Japanとデータ連携で合意

電通のマーケティングプラットフォーム「People Driven DMP」でLiveRampの技術活用
よろしければこちらもご覧ください

電通は、IDデータ検証・照合を提供する米国LiveRampの日本法人、LiveRamp Japanと、データの相互連携で合意した、と7月10日発表した。電通のマーケティングプラットフォーム「People Driven DMP」でLiveRampの技術・サービスを活用する。企業が持つ顧客データと、外部のさまざまなオンラインデータの連携が容易になる。

データ連携によるソリューションは、(1)オフラインデータの安全性を確保したオンライン化、(2)幅広いパートナーのデータを活用した高精度の分析--の特長がある。(1)はLiveRampの「IdentityLink」と呼ぶ技術を活用する。これは、企業が保有する各種のオフラインの顧客データをデジタル化し、オンラインで接続できる技術。

企業は顧客データを電通グループのテレビ視聴ログや意識データとひも付けでき、高度なデジタル広告配信や効果検証などのマーケティング施策が可能になる。(2)はPeople Driven DMPとLiveRampのデータマーケットプレイス「Data Store」の連携。People Driven DMP導入企業は、Data Store参画パートナーのデータが活用できる。

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]