テスティーが動画メディアや動画広告に対応した態度変容調査メニューの提供を開始

ブランディング広告の効果を測定、スマートフォン用アンケートアプリ「Powl」利用

チャットボット(自動会話プログラム)活用の広告・ネットリサーチ事業を行うテスティーは、動画メディアや動画広告に対応した態度変容調査メニューを7月から提供する、と7月10日発表した。さまざまなチャネルでの態度変容が調べられる。同社のスマートフォン用アンケートアプリ「Powl(ポール)」を利用する。

態度変容調査メニューは、企業や商品・サービスの認知、好感度、購入意欲向上のためのブランディング広告の効果を測定する。広告接触者と非接触者を比較し、接触グループと接触していないグループにアンケートを実施する。動画視聴に伴う効果の測定や、他媒体でのプロモーション効果の測定などが可能になる。

 

SNSやセグメント別に動画の出し分けができ、動画制作物の評価調査結果によって改善する項目が分かる。実際に配信した短い動画広告の態度変容に関する調査の事例では、広告接触者と非接触者を比べた場合、それぞれ認知度が56.6%、53.0%、好意度が65.5%、41.4%、利用意向が57.3%、34.0%という結果が出た。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]