ビデオリサーチがLiveRamp Japanのデータ流通プラットフォーム「Data Store」に参画

ビデオリサーチとの個別契約なく同社のデジタル広告配信セグメントの購入・利用可能
よろしければこちらもご覧ください

メディアリサーチサービスのビデオリサーチは、企業向けデータ管理・プラットフォーム事業のLiveRamp Japanが保有するデータ流通・売買プラットフォーム「Data Store」にデータパートナーとして参画した、と10月10日発表した。ビデオリサーチとの個別契約なく同社のデジタル広告配信セグメントの購入・利用が可能になった。

ビデオリサーチが展開するメディアデータとプロフィルデータを供給するデータ統合ソリューション「VR LINC(ブイアールリンク)」をData Storeとつないだ。同社は2017年12月からVR LINCを通じてLiveRampと接続し、オフラインのメディア接触や行動を加味した独自のセグメントを提供してきた。今回、Data Storeに追加参画した。

提供するセグメントは、テレビ視聴率・視聴パターン・ジャンル、閲読新聞・雑誌ジャンル、クレジットカード利用額、利用小売店、飲食店利用経験・意向などで、メディアプランニングやデジタル広告配信に活用できる。Data Storeはデータ提供企業のデジタル広告配信セグメントを広告会社や事業主が購入できるプラットフォーム。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]