ビデオリサーチが動画広告プラットフォームのVideologyとソリューション開発で協業

広告出稿プランニングや効果検証などの業務支援が目的、保有する各種のデータを活用
よろしければこちらもご覧ください

テレビ視聴率調査のビデオリサーチは、動画広告プラットフォームの米国Videologyと、次世代の動画広告ソリューションの開発に関して協業を検討することで合意した、と12月15日発表した。広告主、放送局、広告会社の広告出稿プランニングや効果検証などの業務支援を目的にする。ビデオリサーチが持つ各種のデータとVideologyが保有するソリューションの連携を目指す。

Videologyは、テレビとインターネット動画広告を一元管理する広告配信プラットフォームを展開している。ビデオリサーチは自社のテレビ視聴率、大規模プロフィルデータ、テレビとインターネットへの接触を合わせた測定データや、外部のデータを含むビッグデータを活用する。広告出稿プランニングでさまざまなデータの統合的な利用を可能にし、効果検証を効率化する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]