ADK MS、イスラエルのCHEQと協業し、リアルタイムアドセーフティの実現を目指した試験を実施

リアルタイムで不適切な広告掲載を未然に防ぐことを可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/6/19 15:40

 

 

マーケティング支援のADKマーケティング・ソリューションズ(ADK MS)は、イスラエルのアドセーフティプラットフォームを提供するCHEQ JAPANと協業し、リアルタイムアドセーフティを実現する次世代アドセーフティプラットフォームのパイロットテストを実施する、と6月18日発表した。

インターネットの運用型広告には広告主のブランドを毀損する不適切サイトや、広告費用を騙し取る不正サイトが紛れ込む可能性がある。広告主のブランドイメージを毀損するケースも考えられる。CHEQが提供するサービスは、広告掲載される前に掲載予定のサイトを機械学習で分析し、リアルタイムで不適切な広告掲載を未然に防ぐことを可能にする。

ADK MSは広告主と共同で広告クリエイティブ側にCHEQ TAGを実装、配信することで、広告配信面の「ブランドセーフティ」「フラウドトラフィック」「ビューアビリティ」の確認を実施し、その有効性を確認した。ADK MSは、広告主に安全で信頼できる広告配信環境を提供するために、インターネット広告市場の健全化を推進していく。

 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]