オラクルが「Oracle CX Cloud」とビジネスコミュニケーションツール「Slack」統合

セールスチームと顧客サービス担当者間のコラボレーションと生産性向上が可能に
よろしければこちらもご覧ください

日本オラクルは、包括的なカスタマーエクスペリエンス(CX)=顧客体験=ソリューション「Oracle Customer Experience(CX)Cloud」と、ビジネスコミュニケーションツール「Slack」との統合を米国本社が3月19日に公表した、と3月29日発表した。セールスチームと顧客サービス担当者間のコラボレーションと生産性向上が可能になる。

Slackは、ソフト開発の米国Slack Technologiesが展開している。企業内外のチームの全てのコミュニケーションを一元化し、各メンバーが共有して作業できるワークスペースとなる。チーム内の調整や共有を円滑にするとともに、業務効率の改善に必要なサービスやツールとチームをつなげることで生産性が高められる。日本語版もある。

オラクルは、Slackのプラットフォーム機能を利用してセールスやサービスアプリの統合を構築・サポートする。企業のセールスチームは販売管理、製品担当者などさまざまなチームとのコラボレーションが合理化でき、取引成立が迅速化する。顧客窓口とサポート担当者のコラボレーションも容易になり、問題の効率的な解決に役立つ。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CVR
顧客転換率。購入や申し込みなどにどれくらい至っているかを示す指標。 CVR ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]