LINEが位置情報活用の店外集客の実証実験を「イオンフードスタイル港南台店」で実施

デジタルチラシをターゲティング配信して閲覧ユーザーの来店を計測、購買傾向も調査
よろしければこちらもご覧ください

LINEは、位置情報を活用した店外集客施策の実証実験をダイエーと始める、と3月29日発表した。ダイエーのスーパー「イオンフードスタイル港南台店」(横浜市港南区)で30日から実施。LINEが運営するコミュニケーションアプリ「LINE」と関連サービスを活用する店頭販売促進ソリューション「LINE Sales Promotion」となる。

イオンフードスタイル港南台店の実験専用LINE公式アカウントを利用し、その「友だち」(登録ユーザー)向けに2種類のデジタルチラシを属性別にターゲティング配信。閲覧したユーザーの来店を計測する。ビーコン(微弱な信号を発信する機器)から周辺ユーザーとコミュニケーションできるサービス「LINE Beacon」を使用する。


実証実験におけるデジタルチラシの配信イメージ 

デジタルチラシに掲載した商品のレシートでのキャンペーンも行い、チラシ閲覧者の購買傾向を調査する。デジタルチラシの配信は3月15~24日の準備期間中に友だち追加した約2700人に限定する。ターゲティング配信基準の属性データは、友だち追加時のユーザーアンケート結果に基づく。デジタルチラシの配信は29日と4月3、5日。


実証実験におけるデジタルチラシの配信準備イメージ

LINE Sales Promotionは店頭作業の軽減や店頭広告削減、キャンペーン参加促進、購買行動把握といった小売店の課題解決を目的にする店頭販促に特化したソリューション。新聞の発行部数が減少して折り込みチラシの訴求力が弱まっている状況の中、新たなソリューションとして位置情報を使った店外集客施策の実証実験を行う。


「LINEウォレット」内へのデジタルチラシ掲載イメージ(構想)

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]