SMNが動画広告「Logicad Video Ads」でKaizen Platformと協業して新メニュー開始

AI活用のターゲティング・セグメント作成や最適な動画広告制作物の制作を一括提供
よろしければこちらもご覧ください

ソニーグループで広告配信サービスのソネット・メディア・ネットワークス(SMN)は、同社の広告配信最適化プラットフォーム「Logicad(ロジカド)」の動画広告「Logicad Video Ads(ロジカドビデオアド)」で、ウェブサービス改善ツール事業のKaizen Platformと協業した、と2月13日発表した。新たなメニューを同日始めた。

新メニューは、人工知能(AI)を活用した精度の高いターゲティング、セグメントの作成、分析データを基にする最適な動画広告制作物の制作を一括提供する。SMNは対象商品に沿ったセグメントの作成を手掛け、動画広告制作物に関してはKaizen Platformが展開する動画広告パフォーマンス改善ツール「Kaizen Ad」と連携する。

Kaizen Adとの連携で目的、ターゲット、配信プラットフォームに応じた最適な動画広告制作物を低コスト・短納期で制作。Logicad Video Adsが接続する各種動画広告在庫から幅広いユーザーに向けて配信し、アプローチできる。セグメントは、ウェブ行動履歴による興味・関心やテレビ視聴者データなどに基づいて作成する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]