米Facebookが世界の「Facebook」ユーザーに向けてプライバシー設定確認について通知

ビジネス利用での情報保護情報をまとめたプライバシーとデータ使用のハブも立ち上げ

米国Facebookは、世界の「Facebook」ユーザーに対して1月28日からプライバシー設定の確認について通知する、と同日発表した。2週間かけて実施する。併せて、ビジネスでFacebookを利用する際の情報保護の情報をまとめたプライバシーとデータ使用に関するビジネスハブを立ち上げた。

プライバシー尊重とデータ保護をテーマにした国際的な取り組み「データプライバシーデー」(同日)に合わせた。プライバシー設定に関してはニュースフィードで通知する。投稿を見られる人、プロフィル情報とそれを見られる人、Facebookでログインしたアプリやウェブサイトの確認を促す。

 

プライバシーとデータ使用に関するビジネスハブは、企業が人々の情報保護をどうすればいいか、が分かる要素を集約した。Facebookの広告やFacebookのプライバシーの原則、広告でどのようにデータが使われるのかや、GDPR(一般データ保護規則)を理解するためのガイダンスを紹介している。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ネットプロモータースコア
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。「ある製品・サービスを友人に勧めるか」という ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]