ネットイヤーグループが「PDCAのためのカスタマージャーニー分析」を開発・提供開始

顧客の典型的な購買行動パターンを理解・可視化、マーケ最適化プラン策定に活用可能
よろしければこちらもご覧ください

デジタルマーケティング支援事業のネットイヤーグループは、マーケティング最適化プランやサービス改善プランの策定につなげられる「PDCAのためのカスタマージャーニー分析」を開発した、と10月24日発表した。11月1日に提供を始める。顧客の典型的な購買行動パターンを理解し、可視化するフレームワークとなる。

PDCAは計画・実行・評価・改善、カスタマージャーニーは顧客が購入に至るプロセスを意味する。PDCAのためのカスタマージャーニー分析は、顧客の行動データを基にユーザーエクスペリエンス(UX)=ユーザー体験=と顧客データ分析のアプローチを行き来することで、事実とデータに基づくカスタマージャーニーを描く。

個別の顧客体験と統計的根拠によるカスタマージャーニーが獲得でき、PDCAが可能な実行性の高いマーケティング最適化・サービス改善に生かせるうえ、UXとデータ分析による顧客行動の観察・分析を何度も高速に行き来して高精度な分析を実現。構築した分析環境は顧客企業が継続的に使う分析基盤として提供できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

RSSAC
ICANN(Internet Corporation for Assigned ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]