セプテーニがTikTok運用型広告の先行テスト配信を開始、専門のクリエイティブ研究チーム「TikTok LAB」を設立

TikTok運用型広告枠のテスト配信に合わせ、先行して配信を開始
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/10/18 16:44

インターネット広告のセプテーニは、スマートフォン向けショートムービーアプリ「TikTok」における運用型広告の先行テスト配信を開始した、と10月17日発表した。TikTokは、若者を中心とする動画コミュニティアプリで、2018年10月よりTikTok運用型広告枠のテスト配信が実施されており、これに合わせ、セプテーニでは先行してテスト配信を開始することにした。

セプテーニでは、TikTok専門のクリエイティブ研究チーム「TikTok LAB」を設立した。「TikTok LAB」では、TikTokの運用型広告における効果の高いクリエイティブを研究し、そのノウハウを貯めることで、広告効果の最大化を図っていく。

セプテーニでは今後も運用型広告で培った技術力と運用力を活かしながら、TikTok運用型広告に注力し、広告主企業のニーズに対応した質の高いインターネットマーケティングサービスを提供していく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセシビリティ
広義には、障害者、高齢者を含むすべての人間が、同じレベルでサービスや機器、施設を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]