アイネスとデジタル・インフォメーション・テクノロジーがWebサイトの改ざんを検知し復旧するサービス「Peacock tail」を提供開始、

両社の協業により、WebARGUSのSaaS事業の一環としてアイネスがサービスを提供
よろしければこちらもご覧ください

情報システム開発のアイネスとITテクノロジーのデジタル・インフォメーション・テクノロジー(DIT)はDITの「WebARGUS(ウェブアルゴス)Enterprise Edition」のSaaS化事業(利用者がソフトウェアを提供者のサーバーで利用する)で協業を行い、アイネスが「Peacock tail(ピーコックテイル)として7月17日よりサービス提供を開始する、と同日発表した。

WebARGUSはWebサイトの改ざん瞬間検知と瞬間復旧を実現する改ざん対策システムで、これまで定期監視タイプが中心だった改ざん対策が「瞬時に検知し瞬時に復旧」することが可能になり、既存のセキュリティ製品が対応できないゼロデイ攻撃や内部犯行による改ざんにも対応が可能となっている。

Peacock tailは、アイネスの自社クラウドに設置し管理サーバーを使用するため、利用者が管理サーバーを購入・構築する必要がない。信頼性の高いアイネスの自社クラウドにおいて、24時間365日の運用監視もセットで提供するため、高いサービスレベルを維持することができる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]