IPアドレスからユーザーの位置情報などを認識し広告配信するサービス「どこどこJP」がKANADE DSPと連携開始

Geolocation Technologyと京セラコミュニケーションシステムのサービスが連携

位置情報技術のGeolocation Technologyは、同社の「どこどこJP」が京セラコミュニケーションシステムの広告配信サービス「KANADE DSP」と6月20日から接続開始する、と同日発表した。どこどこJPは接続開始により、KANADE DSPで詳細な企業属性を用いた企業ターゲティングや、回線種別ターゲティング、エリアターゲティング、高精度なオーディエンスターゲティングが可能となる。

アドテクノロジーの領域は成熟化しつつあり、多くの企業のアドテク事業の参入によりこれまで以上にユーザーごとの興味・関心の分析が求められ、オーディエンスターゲティングがより重要視される。最適なユーザーへ広告を届けるためには緻密なターゲティング手法が必要となる。

連携により、KANADE DSPのオーディエンスターゲティングである「プロファイルターゲティング」メニューにおいて、特にBtB向けのターゲティングでの効果的なブランド認知、サイト集客を実現する。Geolocation Technologyは、進化するデジタルマーケティングの領域においてIPアドレスを基にした分析ノウハウを活用し、位置情報を基にしたにマーケティングツールの開発に貢献していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]