サイバー・バズが「Instagram」でさまざまなカテゴリーに特化した自社アカウント開設

第1弾はウエディングのアカウント「I do Wedding」、今後はビューティーやフードでも
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェント子会社でソーシャルインフルエンサー(消費行動に影響を与える人物)事業のサイバー・バズは、写真共有アプリ「Instagram」の自社アカウントをさまざまなカテゴリーに特化して開設し、親和性の高い企業からの広告出稿やタイアップ企画の実施など、広告効果を広げるサービスを4月24日に始めた、と同日発表した。第1弾としてウエディングのカテゴリーのアカウント「I do Wedding(@i_do_wedding__)」を開始した。今後、ビューティーやフードのカテゴリーでアカウントを開設する。

サイバー・バズが注力するソーシャルメディアアカウント運用事業の一環となる。企業のプロモーション施策やブランディングでInstagramの活用が重視されていること受け、ライフスタイルや趣味などに関する各カテゴリーに特化したInstagramのアカウントを開設することにした。I do Weddingでは、独自に設計したハッシュタグ(「#」を付けるキーワード)「♯idoレポ」を付けて集まったユーザーの投稿の中から、アカウントとマッチした投稿をリポスト(引用)する。ウエディングに関連する企業はプロモーション施策に活用できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ユーザビリティ
一般的には、Webサイトやソフトウェアなどの操作性や使いやすさを示す言葉。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]