DACのDMP「AudienceOne」がアクティブコアの「activecore marketing cloud」と連携

深い顧客の理解可能、適切なタイミングと内容で顧客と1対1のコミュニケーション実現
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は、同社のDMP(データマネジメントプラットフォーム)「AudienceOne」が、データ分析によるマーケティング支援のアクティブコアが提供するマーケティングクラウドソリューション「activecore marketing cloud」との連携を始めた、と4月24日発表した。連携によってこれまで以上に深い顧客の理解が可能になり、適切なタイミングと内容で顧客との1対1のコミュニケーションを実現する。

activecore marketing cloudは企業内に散在するデータを顧客の軸で統合し、顧客の可視化から1対1のコミュニケーションにつなげるサービスを提供している。AudienceOneが保有するオーディエンスデータ(属性情報と行動記録)を活用することで企業のマーケティング担当者は、activecore marketing cloud上で自社が持つデータに加えて自社で獲得できない生活スタイルや興味・関心などのデータも利用できるようになり、ターゲットにする顧客がより最適化される。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]