Web接客ツール「KARTE」がGoogleアナリティクスとデータ連携開始、広告接触データを取り込み可能に

プレイドが、GoogleアナリティクスとKARTEのサービス間の相互連携を実現

リアルタイム解析のプレイドは、同社のWeb接客ツール「KARTE」がGoogleアナリティクスとのデータ連携を開始した、と1月25日発表した。データ連携により、両サービスを導入する企業やブランドはGoogleアナリティクスで解析したデータをKARTEに反映することが可能になる。KARTE上で取得しているコンバージョンデータや好みの条件でセグメントした特定のユーザーに対し、Googleアナリティクスを経由してGoogleの広告プラットフォームから施策を配信することが可能になり、サービス間の相互連携を実現した。

KARTEとGoogleアナリティクスとのデータ連携によって、「Googleアナリティクス360」を導入している場合、同サービスで解析した広告接触データをKARTEのユーザー解析に反映することができる。広告施策の反響をKARTE上からユーザー軸で理解できるようになるほか、広告の訴求内容や反応に沿ってサイト来訪時の接客をカスタマイズしたり、KARTE TALKを活用して顧客にメール、SMS、LINEなどから適切にアプローチすることができる。またKARTEに蓄積したコンバージョンデータやユーザーセグメントデータに対し、Googleアナリティクスを経由してGoogleの広告プラットフォームから広告を配信することが可能になる。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]