Geolocation Technology、企業が保有するデータを取引できる「どこどこJPマーケットプレイス」を提供開始

データ流通プラットフォームどこどこJPマーケットプレイスのサービスを新たに提供
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/1/25 18:22

IP Geolocation技術を核にしたソリューション開発のGeolocation Technologyは、デジタル情報をインフラ上で取引できる新サービス「どこどこJPマーケットプレイス」の提供を開始した、と1月24日発表した。Geolocation Technologyは、ユーザーが企業間の「位置情報」「企業情報」「回線情報」などネットワーク上で使用する情報をどこどこJPのインフラ上で取引可能となるデータ流通プラットフォームどこどこJPマーケットプレイスのサービスを新たに提供開始することになった。

どこどこJPマーケットプレイスのデータ利用シーンは「Webサイトでターゲットに適したコンテンツを表示」「Webサイトでターゲットからのアクセスをブロック」するコンテンツ最適化。「解析ツールにデータを取り込み分析に活用」「MAツールにデータを取り込み分析に活用」するアクセス分析。また、「データ対象ユーザーにのみ広告配信」「データ対象以外にのみ広告配信」する広告配信などがある。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]