Webブランド力総合1位は「Yahoo! JAPAN」、日経BPが2017年のWebブランド指数ランキングを公開

態度変容:企業活動のトップ3は日立製作所、ファイザー、GSKグラクソ・スミスクライン

情報通信、電子機器などのコンサルティングを行う日経BPコンサルティングは、3万人以上のネットユーザーが国内500のサイトを評価する「Webブランド調査2017-秋冬」の結果をまとめ、12月20日に調査報告書を発行・発売した、と同日発表した。調査はWebサイトのリニューアルの効果や製品への関心、企業の好感度への影響を明らかにするもので、総合ランキングは2017-春夏調査に続き、2回連続で「Yahoo! JAPAN」だった。新設した項目「態度変容:企業活動」のトップ3は「日立製作所」「ファイザー」「GSKグラクソ・スミスクライン」だった。調査は10月10~17日に、全国、20歳以上のインターネット・ユーザーを対象に、インターネットによって行った。有効回答数は3万5,868件だった。

総合ランキングは第1位がYahoo! JAPAN、2位が「楽天市場」、3位は「Amazon.co.jp」で、前回と同じ順位だった。Yahoo! JAPANは、「態度変容:製品・サービス」、「行動喚起」、「態度変容:企業活動」の低下が目立ったものの、「アクセス頻度」が高く、「サイト・ユーザビリティ」「サイト・ロイヤルティ」で500サイト中トップを獲得し、総合第1位となった。一般企業サイトのトップ3は「サントリー」「ヤマト運輸」「森永乳業」の順だった。ヤマト運輸は「アクセス頻度」「サイト・ロイヤルティ」を中心に高い評価を維持。サイトへの自由意見では、荷物の追跡や再配達、会員制サービスへの言及が多く、ユーザーから好評を得ていることが分かった。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]