電通とNTT東日本、AI翻訳を活用した訪日外国人向けマーケティングの共同トライアルを開始

文化観光用のAI翻訳エンジンを活用し、「多言語対応」の課題解決などを図る
よろしければこちらもご覧ください

電通とNTT東日本は、インバウンドマーケティング(訪日外国人向けマーケティング)におけるデータ活用のニーズに一括で応えるサービスの事業性検証に向け、共同トライアルを2018年1月から開始する、と12月20日発表した。訪日外国人観光客の増加に伴い、言語や国籍が多様化しているため、データ収集・発信における正確な多言語翻訳は重要な課題となっている。共同トライアルでは、文化観光用のNTT東日本のAI翻訳エンジンを活用し、「多言語対応」の課題解決などを図る。

共同トライアルにおいて、電通は地方自治体や事業会社向けへのSNS分析で蓄積したノウハウを活用し、外国語SNS分析の設計と外国人の誘客や周遊の示唆を提供。NTT東日本は、文化観光用のAI翻訳エンジン「ひかりクラウドcototoba」を活用し、大量の外国語SNSデータを分析可能な日本語に翻訳し、学習データを生かすことで、これまで抽出が困難だった観光地名などを含めた分析を担っていく。両社はトライアルを通して得た知見を基に、多言語マーケティングサービスの拡充などを検討していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]