「GMO SSP」がAMPページで広告を従来の最大6倍高速表示する「AMP for Ads(A4A)」に対応

ユーザーのWEBメディア閲覧環境が改善し、媒体社の広告収益が向上

GMOインターネットグループでアドテクノロジー事業のGMOアドマーケティングは、媒体社向けの収益を最大化するプラットフォーム「GMO SSP」において、高速表示の広告規格「AMP for ads(A4A)」の広告配信に対応した、と9月25日発表した。A4Aに対応した広告は、モバイル端末でのWebページ表示を高速化する「AMPページ」で従来比最大6倍の高速で表示する。このためユーザーのWEBメディア閲覧環境の改善と、媒体社の広告収益向上が期待できるという。

AMPはGoogleが推進するモバイル端末におけるWebページ表示の高速化規格で、多くのWebメディアが対応している。GMOアドマーケティングのGMO SSPは、複数のアドネットワークによるAMPページへの広告配信に対応していた。GMO SSPのA4A対応により、広告表示の遅延によって訴求しきれなかったユーザーへも、広告をすばやく表示して視認させることが可能となり、WEBメディアにおいては収益の拡大が期待できる。また、広告掲載によりページの表示速度が落ちる懸念があった箇所へのA4A対応広告を掲載することができる。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]