モリサワがアドビの「Typekit」向けにグループのタイプバンクの10書体を新たに提供

第三者学術機関による読みやすさの研究結果を取り入れた書体「TBUDシリーズ」など

フォント事業のモリサワは、グループでデジタルフォント制作・販売のタイプバンクの10書体をアドビシステムズが展開するソフト群のクラウドサービス「Adobe Creative Cloud」のフォントライブラリー「Typekit」向けに新たに提供する、と7月27日発表した。第三者学術機関による読みやすさの研究結果を取り入れたユニバーサルデザイン書体の「TBUDシリーズ」などとなる。

モリサワは、モリサワ書体とタイプバンク書体を2015年10月からTypekitに提供し、Creative Cloudを通して世界で利用可能にしている。Typekitは多くのフォントを1つのライブラリーで提供するサービスとなり、ウェブやデスクトップアプリに使用できる。モリサワは今回、TBUDシリーズのほか、1960~70年代に流行したタイポスの漢字デザイン書体「漢字タイポス48」を加えた。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]