サイバーエージェント、LINE公式アカウントとWeb行動データをひもづけたリターゲティング配信を提供

LINEアカウントとWeb行動データをひもづけ、行動データに応じたメッセージ配信が可能に

インターネット広告のサイバーエージェントは、LINEビジネスコネクト向け配信ツール「CA-Link」において、LINE公式アカウント上でユーザーによるID連携が不要なリターゲティング配信が可能になる「Dynamicリターゲティングメッセージ」の提供を開始した、と7月19日発表した。Dynamicリターゲティングメッセージでは、LINE公式アカウントにおいて、ユーザーのLINEアカウントとWeb行動データをひもづけて、ユーザーの行動データに応じたダイナミックなメッセージ配信が可能になる。

Dynamicリターゲティングメッセージでは、LINE内ブラウザと、外部ブラウザを横断したシームレスな行動データの活用が可能で、配信までの期間及び配信回数は、企業が自由に設定し配信できる。また、従来は、既存のデータフィードをカルーセルメッセージで配信する際に、LINEの規定サイズではなかった場合、企業の意図しない形で画像がトリミングされていた。今後はDynamicリターゲティングメッセージに併せデータフィードマネジメントサービス「CA Data Feed Manager」を活用すれば、画像・テキストをリアルタイムに最適化できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トラフィック誘導
「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]