サイバーエージェントの「CA-Link」が「LINEオーディエンスマッチ」に対応、ID連携不要でメッセージを配信可能

顧客情報ベースに、自社のLINE公式アカウント内の友だちへのメッセージ配信が可能に
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告のサイバーエージェントは、同社のLINE ビジネスコネクト向け配信ツール「CA-Link」が、ログイン作業をせずに企業IDとLINEアカウントを連動する「LINEオーディエンスマッチ」に対応した、と10月26日発表した。LINEオーディエンスマッチにより、ID連携をしなくても、企業が保有する顧客情報に登録した情報をベースに、自社のLINE公式アカウント内の友だちへのメッセージ配信が可能になるという。

CA-Linkは、LINEアカウントと企業のLINEアカウントの連携率の向上を通じて、よりユーザーに適したメッセージの配信を実現する。また、CA-Linkが提供する、ユーザーによるログイン処理が不要なリターゲティングメッセージ配信サービス「Dynamicリターゲティングメッセージ」機能と併用すれば、企業はユーザーにアクションを求めることなく、ID連携率の向上が可能になる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]