情報発信率の高いSNSはトップ3は「LINE」「Twitter」「Facebook」、マクロミルが全国8,500人の調査

ブログサービスのアカウントを持つのは30%で、日常的に投稿している人は14%
よろしければこちらもご覧ください

インターネット調査のマクロミルは、サービスの幅が広がっているソーシャルメディアについて、人気のあるサービスや、その利用状況を調査し、2月7日、結果を発表した。「好きなソーシャルメディア」ランキングの1位は「LINE」で24.5%、2位は「Twitter」の19.5%、3位は「Amebaブログ」の18.4%、4位は「Facebook」で16.2%だった。


好きなソーシャルメディア(出典:マクロミル、ソーシャルメディアの利用状況調査)

ブログサービスの利用状況に関する調査では、「何らかのブログサービスのアカウントを持っている人は30%で、そのうち日常的にブログに投稿している人(ブロガー)は14%だった。調査は、2016年12月8日~12日に、全国20~59歳の男女8,500サンプルを対象にインターネットで実施した。

ブロガーのうち、ブログ上で実名を公表している人は13%で、87%は匿名で運用していた。何らかのSNSアカウントを持っている人(SNS投稿ユーザー)は76%で、そのうち日常的にSNSで情報発信する「SNS投稿ユーザー」は40%だった。

SNS投稿ユーザーが日常的に情報発信・投稿しているSNSは、利用率が高い順に、LINE47%、Twitter42%、Facebook39%、「Instagram」20%、「mixi」7%だった。キュレ―ションサイト・メディア(まとめサイト)での記事執筆・投稿経験を持つ人は全体の6%。うち22%はクラウドソーシング経由で依頼を受け記事を執筆していた。


日常的に情報発信(投稿)しているSNS(出典:マクロミル、ソーシャルメディアの利用状況調査)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]