帝国データバンクとSansanが包括提携、企業情報と名刺情報のDBマッチング機能の開発へ

Sansanの名刺情報データベースと、TDBの「企業情報データベース」などをマッチング
岩佐 義人(Web担 編集部) 2016/10/18 17:12

帝国データバンク(TDB)と名刺管理のSansanは、両社の情報サービスにおける包括提携契約を締結し、TDBが提供する企業情報サービスとSansanが提供する名刺管理サービスを連携し、ビジネスインフラの構築を目指す、と10月17日発表した。両社は、Sansanの「Sansan」「Eight」の名刺情報データベースと、TDBの「企業情報データベース」「企業間取引データ」をマッチングする機能を開発していく。

TDBとSansanは、個々のユーザーのビジネスにおける人との接点の基盤である名刺情報に企業情報を統合する環境を整備し、よりビジネスに結びつく機能を提供する。今後は、AIによる営業先の自動提案機能や、新たなビジネスモデルの開発を検討していく。TDBとSansanは、情報パートナーとしての健全な経済活動の支援を新たな段階に進め、ユーザーのワークスタイル変革を推進していくという。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]