データテクノロジーのウイングアーク1stと名刺管理アプリのSansanが資本・業務提携

業務効率化を支援するウイングアーク1stと名刺管理サービスでシェア第一位のSansanが提携
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/11/5 7:00

データテクノロジーのウイングアーク1stは、名刺管理アプリのSansanと資本・業務提携をすることで合意した、と11月1日発表した。

Sansanは国内名刺管理サービス市場でシェア第一位の個人向け名刺アプリ「Eight」を提供、ウイングアーク1stは集計・分析プラットフォーム「Dr.Sum」およびBIダッシュボード「MotionBoard」をはじめデータ活用のプロフェッショナル企業として、企業の業務効率化や業績向上を支援してきた。

提携においては、ウインクアーク1stの提供する「MotionBoard」を、両社で定める使用契約のもと、Sansanのクラウドサービスである「Sansan」上で利用可能なアプリケーションとして展開し、顧客のデジタルトランスフォーメーションを促進していく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

バイラル
話題や概念が、ウイルス(virus)のように、徐々に多くの人に広まっていく様子を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]