Emotion Techが顧客ロイヤルティデータの分析を強化

顧客体験を可視化するサービス「EmotionTech」を提供する中で重要な2点が判明
サービスイメージ

データ解析のEmotion Techは、企業の価値を高める情報活用の実現を提案するウイングアーク1stとパートナー契約を締結し、顧客体験価値の向上を目的としたロイヤルティデータを可視化する仕組みとして、「ExperienceDashboard」を開発し、8月22日より提供を開始した、と同日発表した。

EmotionTechはこれまで顧客ロイヤルティデータを計測し、独自の分析手法により優先的に改善・伸長すべき顧客体験を可視化するサービス「EmotionTech」を提供してきた。その結果、あらゆる部門が分析されたロイヤルティデータや、生の顧客の声に触れることが可能な環境を整えることと、顧客のロイヤルティデータがリアルタイムかつ自動で各部門に届けられることが重要であるという結論に至った。

ExperienceDashboardでは、Emotion Techの提供する顧客ロイヤルティ分析システム「Emotion Tech」に蓄積するデータをウイングアーク1stのBIツール「MotionBoard」に連携し、ユーザー企業に「顧客セグメントを絞り込んでNPSや重要KPIの推移を確認できるようにする」「複数のアンケートデータを一画面で確認できるようになる」などの利便性を提供する。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]